【フォートナイト】PS4とPCの違い、ゲーミングPC選び方ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーミングPC

こんにちわ、わなび~です。

チャプター2に入ってから全てのプラットフォームのサーバーが混合になりました。

バトルロイヤルに入ればスイッチ、PS4、PC、どのデバイスの人ともマッチングします。

 

そうなってくるとPCが圧倒的に有利になります。(主にFPSの関係、下の方で説明しています)

自分はPS4を使っていますが、この混合サーバーになってからPCがとても欲しくなりました。

 

だけどPCを買おうと思っても、正直ゲーミングPCってたくさんあって、どれが良いか全然分かりません。

なので、今回の記事では、フォートナイトにおけるPCの有利点と、もしゲーミングPCを選ぶならどんなポイントを見て選べばいいのかまとめていきます。

 

PS4とPCの違い(PCは何が良いのか)

フレームレート(FPS)

FPSとは”Frames per second”の略です。

1秒間に何回画面が更新されるかという意味になります。

 

スイッチだと30FPSなので、1秒間に30回画面が更新されます。

PS4だと60FPSなので、1秒間に60回画面が更新されます。

PCだとMAX240FPSなので、1秒間に240回画面が更新されます。

 

頻繁に画面が更新されるほど、ヌルヌル動きます。

逆に低FPSだとカクカクと動きます。イメージとしてはめっちゃ低FPSではパラパラ漫画みたいな動きになるという事です。

 

実際にスイッチとPS4のどちらもプレイした事がある人には分かりますが、全然動きのスムーズさが違います。

そして、低FPSだと一瞬動きが飛ぶ事になるのでエイムが定めにくかったり、動きがワンテンポ遅れてしまいます。

 

PCを使っている人からすればPS4ですら動きが悪く、一度PCに移ったらもう戻れないと言います。

それほどFPSは重要な要素であり、FPSに差があった場合、よほど実力差がない限りは勝つ事が難しくなります。

 

PCのみ設定できる項目

FPS以外のメリットとして設定項目がPCとPS4で違っていたりします。

影のON/OFF

PC版ではオブジェクトの影をOFFにする事ができます。

PS4版では木の下などに影ができており暗くて見にくいですが、PC版ではこの影を消す事ができ、圧倒的に見やすくなります。

影ありなしの見え方

引用画像

 

PCのデメリットは?

いくつかあったのですが、混合サーバーになった事でほぼ解消されたと言って良いと思います。

チャプター1までに存在していたデメリットを下記します。

 

・PCはPCとしかマッチングしなかった

もともとは「PS4、スイッチのサーバー」と「PCのサーバー」は分けられていました。

つまりPCでバトルロイヤルに潜るとマッチングするのはPC同士でした。

PCはFPSの関係から快適にプレイできる事や、キーボード・マウスが使える事から猛者が多いです。

なのでPCを使うと猛者と当たる可能性が高いので、初心者には厳しかった。

・過疎り気味

スイッチ、PS4のユーザー数に対してPCのユーザー数は少ない為、時間帯によって人数が集まらない事がありました。

アクティブユーザーが少ない朝方なんかは、本来100人降りるはずが半分くらいになったり。。

 

この様なデメリットが存在していましたが、チャプター2の混合サーバーになってからPCのデメリットは解消されたと言って良いでしょう。

 

PCを選ぶ際のポイント

FPSいくつ出せるのか

やはりここが重要になってきます。スペックによってFPSの値が変わってきます。

144FPS(推奨):かなり快適

240FPS(最大):めちゃくちゃ快適、但し価格が高い

 

このFPSはPCの中でもグラフィックボード(ディスプレイに映像を映す為の部品)というパーツが重要になります。このグラフィックボードのグレードによってFPSが変わってきます。

次いでCPU(処理能力に関わる。脳みたいな役割)も大事です。処理能力が低いと良いグラフィックボードでもその性能が活かせません。

 

参考価格

では240FPSが出せる良いグラフィックボードのPCを買えば良い事になりますが、もちろんそこは価格が変わってきます。

参考価格として、コスパが良いとされているガレリアのPCで比較します。

 

ガレリア RT5(144FPS可能なモデル)

参考価格:89,900円(+税)

グラフィックボード「GTX1660Ti」

CPU:Ryzen 5 2600

メモリ:16GB

ストレージ:256GB NVMe SSD / 1TB HDD

 

ガレリア XF(240FPS可能なモデル)

参考価格:164,980円(+税)

グラフィックボード「RTX2070 SUPER」

CPU:Core i7-9700K

メモリ:16GB

ストレージ:512GB NVMe SSD / 2TB HDD

 

この様に価格が倍ほど違います。

確かに圧倒的な性能差は存在しますが、144FPSでもPS4と比較すると雲泥の差があります。

お金に余裕がある人や競技としてガチでやっていく人以外は、144FPSのモデルでも必要十分であると思います。

 

モニターのリフレッシュレート

ちなみに、高FPSが出せるPCを買ってもモニターのリフレッシュレートが低いとその良さを活かせません。

リフレッシュレートはモニターが1秒間に何回画面を更新するかの値であり、Hzの単位で表されます。

多くのテレビでは60Hzとなっており、PS4ならこれで十分です。

ただ、ゲーミングPCを使う場合はそのFPSに合わせたリフレッシュレートのゲーミングモニターも用意する必要があります。

 

まとめ

・今のフォートナイトの環境(混合サーバー)ではPS4よりもPCの方が圧倒的に有利である。

・PC選定のポイントはFPSが重要となる。

・かなり快適な144FPSのモデルは10万円以下で購入可能。

・最高スペックである240FPSを出そうと思うと144FPSのモデルの倍くらいの価格になる。

・お金に余裕のある人や競技者以外はまずは144FPSがおすすめ

 

以上、とりあえず今回はPCについての入門的な内容を紹介しました。

僕もPC欲しいので、もっと詳細についても今後紹介していきたいと思います。

まずは144FPS出せるやつ買おうかな〜

 

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*