【フォートナイト】篭った相手との戦い方、攻め方(タートルファイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
篭り対策

こんにちわ、わなび~です。

今回の記事は篭った相手との戦い方、攻め方についてです。

相手にアサルトでダメージを与えたり、上を取って有利なポジションを取ったら、

敵は一旦篭って守りを固めてきたりします。

 

相手が篭ったという事は、どちらかというと自分が有利なはずなのですが、

どうにも攻めきれなかったり、カウンターをもらってしまったりで、上手くいかない事がよくあります。

特にチャプター1の後半には篭り対策のアイテムがたくさんありましたが、チャプター2に入ってシーズン1の今はほぼアイテムがなくなりました。

アイテムに頼らず完全に実力で対応しなくてはなりません。

 

どうすれば勝てるのでしょうか?(´;ω;`)

 

この記事では篭った相手との戦い方について有効な戦法(パターン)を紹介します。

パターンの練習をする事で焦らず対応できる様にしていきます。

【フォートナイト】上達する為の練習方法(パターン化)

 

基本

相手を見る(エイムを合わせておく)

マスの中にいる相手が何をしているかをよく見つつ、編集してカウンターを狙ってきたらいつでも撃てる様にエイムを合わせておきましょう。

相手が何を構えているか(銃orツルハシor建築モード)を観察しながら動ければベスト。

 

複数面から攻める

篭っている敵に対し、外にいる自分が有利な点は周囲を動き回れる事だと思います。

マスの中の視点で考えると分かりますが、いろんな角度から攻められば相手もカウンターを撃ちにくいです。

一つの面から向き合って戦ってしまうと、壁の編集権を持っている篭り側の方がむしろ有利になってしまいます。

自分が主導権を握って攻めれる様に複数面から攻めます。

複数面張り替え

 

足場を置く

壁に接する床に屋根か逆階段を置きましょう。たくさんのメリットがあります。

・高い位置から狙える(見やすい、当てやすい)

・敵にトラップキルされにくい。敵が階段を置けない。

・屋根も壊しにいける。屋根を張り替えておくと敵が上に逃られなくなります。

屋根と壁を同時に攻撃

 

・編集で開けてきてもジャンプして床を張って逃れられる。

ジャンプして逃げる

 

・屋根を編集して臨機応変に戦える(階段状にしたり、左側を防御したり)

<階段状にして敵のカウンターを防ぐ>

階段状のガード

 

<左側を防御>

左側をガード

 

さて、篭り対策の基本を確認できたところでパターン別の戦術を紹介していきます。

 

横から壁張り替えを狙う時

2回連続で同じ面は叩かない

まずツルハシモードの時は狙われやすい事を意識しましょう。

周りを移動しながら複数面を叩いているなら良いですが、1つの面に連続で当てる時は、1回叩いた後、一度ショットガンに戻す癖を付けた方が良いです。

そうする事で相手が編集で開けてきてもすぐに撃つ事ができます。

複数面攻撃

 

壁張り替えの成功率を上げる方法

いくら敵の壁を壊して張り替えようとしても中々張り替えられないですよね。

ちょっとでも張り替えの成功率を上げる為のテクニックがあります。

 

テクニックを使わない場合

①ツルハシで敵の壁を壊す

②建築モード切り替えボタンを押す

③壁設置のボタンを押す

こんな感じじゃないでしょうか?

 

テクニックを使った場合

まず前提として、壁建築のボタンとツルハシを振るボタン(射撃ボタン)を同じに設定する必要があります。確かデフォルトだと同じだったはず。

①ツルハシで敵の壁を壊す。この時ツルハシを振るボタンを押しっぱなしにしておく

②建築モード切り替えボタンを押す

これで建築モード切り替えボタンを押した瞬間に壁が立ちます。

ただし、壁を張りたい場所に近すぎると壁が建たないのでそこだけ注意が必要かな。

 

このテクニックを使っても張り替えられない時もありますが、知っているのと知らないのでは全然成功率が変わります。

練習すればすぐ慣れるので、使ってみて下さい。

 

壁ではなく階段を置く

壁の張り替えのテクニックを紹介しておいて何ですが、できれば壁ではなく先に階段を中に入れましょう。

なぜかというと壁を張り替えると、敵は攻撃を予想して階段で防いできます。

なので先に階段を入れてから壁を張る事で敵の階段建築を防ぎます。

その後で階段を編集してから攻撃をします。

 

敵が事前に中に階段や屋根を置いていた場合は先ほどの壁貼り替えのテクニックが有効です。

 

壁張り替え後

中に階段を入れれた場合

壁の右下を三角編集して階段を編集して攻撃します。

撃った後は反撃に備えてすぐ階段の編集をリセットするところまでセットで練習しておくと良いと思います。

階段編集

 

壁は張り替えられたけど敵に階段を置かれた場合

まっすぐ突っ込むよりも落ち着いて隣の面をまた張り替えると良いと思います。

 

上から張り替えを狙う時

正直横からよりも上から攻めた方が安全な気がします。(ただ逃られやすいかな?)

屋根ではなく階段を置く。

敵の屋根の隣に床を貼って屋根を叩きます。

屋根張り替え

もし中の床を編集で開けてきたらすぐショットガンに戻しましょう。ただ壁の時と違って床が空いてもまだ屋根があるのでちょっと余裕があります。

また、敵も床があると思って安心して割と屋根まではすぐ取らせてくれる事が多いです。

さてここで、敵の屋根を壊したら屋根で張り替えるのではなく階段を置くのがオススメです。

<屋根を置いた場合>

屋根を開けて張り替えようとする。

屋根を開けて貼り替え

敵に編集されると、

敵から丸見え

屋根を置いて次に床を壊しに行く場合、こんな感じで下の敵からモロ見えになります。これは恐いですね。

<階段を置いた場合>

階段で貼り替え

この様に階段を編集して床を壊しに行くと左半身が隠れた状態であり敵から狙われにくい状態になります。

敵が真ん中にいた時の視点は、

階段張り替えの強み

この様にほとんど敵から見えません。なので屋根の張り替えは階段を置くのが超オススメです。

 

床張り替え後

床を張り替えられたらめくって、すぐ撃つのではなくここでもできるだけ階段を置くのがオススメ!

階段を置いたら編集で直角の階段を作ります。

階段直角編集

<相手視点>

相手からは見えない

これだと本当に相手からは見にくいです。

 

まとめ

以上、篭った相手との戦い方、攻め方についていくつかテクニックを紹介しました。タートルファイト(ボックスバトル)でも活用できると思います。

おすすめは上から攻めて屋根を階段で貼り替えるやり方かな。

ただ、実戦では敵が動くのでいろんなパターンが想定されます。

大事なのは、予想外の動きをされた時にこの場合はこう対応するというのを決めて、練習しておく事でスムーズに対応できる様になると思います。

特に対面ではスピードが求められます。同じテクニックを使ってもスピードが遅いと上手くいかないと思います。(編集している間に壁壊されたりとか)

なのでスピードを速める為にもクリエイティブモードで反復練習しておく事が重要ですね(´・ω・`)

 

逆に自分が篭った時の戦い方はこちら

【フォートナイト】篭った後の戦い方(タートルファイト)カウンター

 

 

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*