【フォートナイト】ゲーミングPC(240FPS)おすすめ・比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
240FPSのPC購入

こんにちは、わなび〜です。

フォートナイトで240FPS出せるPCを購入しようと思っています。

各BTOメーカーを比較しておすすめのモデルを紹介っ!

 

今までフォートナイトをPS4でプレイしていたのですが、

チャプター2に入ってからクロスプラットフォームとなり、ゲーミングPC購入欲がめちゃくちゃ高まっています。

※「クロスプラットフォーム」はPS4でもゲーミングPCでも同じサーバーでプレイする事。PS4でやっててもゲーミングPCでプレイしている人とマッチングされる可能性がある。

以前記事にしましたが、PS4よりもPCの方が快適にプレイできるんですよね。

【フォートナイト】PS4とPCの違い、ゲーミングPC選び方ポイント

 

ゲーミングPCの各パーツについて調査をしていました。

僕が求めているPC各パーツの必要スペックが分かってきたので、各社で見積もりを取って比較します。

 

240FPS出す為の各パーツのスペック

  • 最大で240FPSまで出る。安定して144FPSが出せる。
  • 競技シーンや動画配信などにもトライできる。

この2つの条件を満たした最高にコスパの良いPCを探します。

<各パーツの推奨スペックまとめ>

必要スペック

【GPU】

「RTX 2070 Sp」であれば240FPSを出す事ができます。

もちろんこれはMAX値であって、負荷が大きいシーンであればFPS値は下がります。

それでもこのスペックなら144FPSが安定して出せるだろうと判断しました。

将来的に競技(大会)や動画配信・編集にもチャレンジしたいという人に最適なスペックだと思います。

<関連リンク>

【フォートナイト】ゲーミングPCのGPU比較(グラボ、FPS)

【CPU】

GPUの性能を余す事なく発揮する為に「Ryzen 7」を 選択しました。

intel製の「Core i9」と同レベルの性能ですが、価格が安いです(Core i7と同じくらいの価格)。AMD製のRyzen 7を採用しました。

このスペックであればフォートナイトを快適にプレイしつつ、動画配信や編集も同時進行できます。

<関連リンク>

【フォートナイト】ゲーミングPCのCPUとは(選び方、ポイント)

【フォートナイト】ゲーミングPCのCPUの選び方、スペック比較

【SSD】

SSDは転送速度が速いNVMe接続のモデルを選択。起動時間が鬼速くなります。

フォートナイトをプレイする分には250GB以上あれば問題無いと思います。あればあるほど良く、欲を言えば500GB!

<関連リンク>

【フォートナイト】ストレージの選び方(SSD、HDD容量)

【HDD】

もうやらなくなったゲームやクリップなどを保存する為のHDDです。

1TB以上あれば良いかなと思います。

ただ、各社1TBと2TBの差が1,000〜2,000円程度だったので安いなと思い、2TBで見積もりました。

【メモリ】

16GB以上あればゲームをしながら動画配信・編集まで出来ます。

DDR4という規格が最新版で速いです。DDR4の中でも更にスペックが分かれるのですが、体感でそこまで差を感じるレベルでは無いだろうという事で、どれでも可としました。

<関連リンク>

【フォートナイト】ゲーミングPCのメモリの選び方

【CPUクーラー】

空冷(トップフロー)<空冷(サイドフロー)<水冷

簡単に言えばこの順番で冷却性能が上がります(価格も高くなる)。

そこまで長時間プレイする予定もなく、ガチガチに競技シーンに挑む訳でも無いので、空冷でも良いという判断にしました。

<関連リンク>

【フォートナイト】PCのCPUクーラー選び方(空冷?水冷?)

【電源ユニット】

GPUとCPUのスペックから消費電力は500W程度と予測しています。

余裕を持たせて700W以上の電源容量のものを選択します。

また、電源効率の保証として80PLUS認証を受けている事が必要最低限な条件になります。

<関連リンク>

【フォートナイト】ゲーミングPCの電源ユニット・容量の選び方

【PCケース】

デザイン面でいえばサイドパネルを強化ガラスにしたりLEDを付けるとカッコ良いですが、価格が上がります。

僕はコスパ重視なのでデザインは無視です。

ケースファンの数は参考程度に意識しています(基本は多い程に冷却性能が高い)。

<関連リンク>

【フォートナイト】ゲーミングPCケース選び方(サイズ・デザイン)

 

各BTOメーカーのコスパ(見積もり比較)

各BTOメーカーで上記スペックにてカスタマイズし見積もりを取りました。

(BTOはパーツ屋さんにPCを組んでもらって完成したものを購入する事です。自作する自信が無い人は基本的にBTOで買います。)

BTOメーカー コスパ比較

※DELLのCPUはRyzenシリーズが選択できなかった為、Core i7で見積もり。

※DELLの電源ユニットはカタログに80PLUS認証と記載されておらず、相談窓口に問い合わせても分からないという回答でした。。

※mouseとFRONTIER(GA)のSSDは標準で1TBです。

※mouseとFRONTIER(GA)のメモリは標準で32GBでした。

※価格は税込であり、送料も含みます。

※Windows 10のセキュリティ機能が優秀なので市販のウィルス対策ソフトは無しにしています。必要であればオプションで付ける事が可能。

 

結果として、「ドスパラのガレリアAXF」か「FRONTIERのGA」をセールのタイミングで買うのがコスパが良い事がわかりました。

 

ドスパラ  GALLERIA(ガレリア)AXF

ガレリアAXFの公式サイト 

ポイント還元分を含めた場合、最もコスパが良いのはドスパラ のガレリアシリーズになります。結局僕はここで買いました。

【価格】

193,798円(+ポイントなどが31,460円相当)

ポイント内訳

+ドスパラ で使えるポイントが15,958円分付きました。(キャンペーン15,000ポイント分は期間限定です。多分ちょくちょく実施するはず)

更に楽天ペイで支払えば5,813楽天ポイント還元されます。(これもキャンペーンなので今だけかも?)

ポイント分を引いた場合は、191,928円→172,027円となる為、かなりお得です。

 

ちなみにドスパラに限らないですが、今はキャッシュレス決済による還元も行われており9,689円返ってきます。

つまりキャンペーン期間中に楽天ペイで支払う事で、162,333円という超超お値打ち価格でハイスペPCをGETできます。

 

ドスパラ では液晶モニターも売っているので、ポイントを使って合わせて購入できます。(リフレッシュレートが高い液晶モニターを使わないと144FPSが実感できません。)

ゲーミングモニターの選び方はこちらの記事

 

ASUSのVG258QR (24.5インチワイド 液晶モニター)を買う予定です。

リフレッシュレート:164Hz

パネル方式:TN方式

応答速度:0.5ms

DisplayPortケーブル付き

 

【品質】

ケースファンが3基ついていてケース内のエアフローが他よりも優れていると思います。

「ゲーミングPCと言えばドスパラ」と第一に声が上がるくらいのメーカーで安心感があります。

 

【カスタマイズ】

標準だと電源ユニットが650Wです。問題ないとは思いますが、あまりギリギリだと電力が足りずカクついたりシャットダウンしたりします。

僕はもう少し余裕が欲しかったので、 SILVERSTONE 750W(80PLUS PRATINUM)に変更します。

それ以外は標準仕様にしました。

 

ガレリアAXFの公式サイト 

 

FRONTIER(フロンティア) GAシリーズ

FRONTIER GA B450 公式サイト 

現金で最も価格が安いのはFRONTIERのGAシリーズでした。

【価格】

175,780円

こちらも期間限定のセール価格です。といっても年末年始や長期連休辺りでほぼほぼセールします。FRONTIERで買うならセール期間が絶対オススメ!

 

【SSD】

SSD1TBでこの価格なのはとても魅力的です。

 

【メモリ】

32GBなのはオーバースペックだと思いますが、あって困る事は無いので嬉しいポイントです。

 

FRONTIER GA B450 公式サイト 

 

まとめ

  • 最大で240FPSまで出る。安定して144FPSが出せる。
  • 競技シーンや動画配信などにもトライできる。

この条件でコスパの良いゲーミングPCを探すとガレリアかフロンティアという結論になりました!

僕はドスパラで購入しようと思います。(ゲーミングモニターも一緒に購入しようと思っている為、ドスパラのポイントが無駄にならないし。)

 

待ちに待ったPC移行、めちゃくちゃ楽しみですっ!

 

2019/3/18追記

届いたのでフォートナイトプレイしました。実機のレビュー記事です。

ガレリアAXFをレビュー!フォートナイト240FPSでコスパ最強

 

 

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*