【フォートナイト】ゲーミングPCのメモリの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メモリの選び方

こんにちは、わなび〜です。

この記事ではフォートナイトをプレイする為のゲーミングPCにおいて選ぶべきメモリ容量が分かりますっ!

 

今までフォートナイトをPS4でプレイしていたのですが、

チャプター2に入ってからクロスプラットフォームとなり、ゲーミングPC購入欲がめちゃくちゃ高まっています。

※「クロスプラットフォーム」はPS4でもゲーミングPCでも同じサーバーでプレイする事。PS4でやっててもゲーミングPCでプレイしている人とマッチングされる可能性がある。

以前記事にしましたが、PS4よりもPCの方が快適にプレイできるんですよね。

【フォートナイト】PS4とPCの違い、ゲーミングPC選び方ポイント

 

なのでPCが欲しい今日この頃ですが、ゲーミングPCについて全く詳しくなかった為、今猛烈に情報収集しています。

もし同じように探している方がいれば参考となる様に、情報をまとめていきますっ!

 

この記事ではメモリについて確認していきます。

 

メモリとは?機能の説明

メモリ_DDR4-2666

メモリとはデータを一時的に保存しておく装置です。

CPUが頭脳的な役割で様々な処理を行います。

ストレージ(HDDやSSD)がデータを長期間保存する場所です。

CPUが直接ストレージとデータのやり取りを行う場合、大量にデータがあるストレージの中から必要なデータを探すのが大変で時間が掛かります。

なので使う頻度の高いデータに関してはメモリに一時的に保存する事でCPU↔︎メモリ間の高速なやりとりが可能になります。

これがメモリの役割です。

 

よくメモリは机の広さに例えられます。

何か作業をする時に机が大きい方がいろいろなものを同時に広げる事ができ、作業も効率良く行えますよね?

机がとても小さくて置き場が無ければ、毎回毎回必要な資料を本棚から探しては、別の資料が必要になったら今度はしまいに行かなければいけません(また後ですぐに使うのに)。

 

ちなみにこの例え方で言うとPCの各パーツは↓の様に例えられます。

メモリ:机の広さ

CPU:作業者の能力(もしくは作業者の人数)

ストレージ:机の引き出しや本棚など

 

メモリの性能(選び方)

まず同等のものなら容量が大きい方が良いです。机が広ければいろいろなソフトウェアを同時に稼働する事ができます。

但し、メモリの性能は容量だけではなく転送速度も関係してきます。

メモリの転送速度

ちなみにこの表にある規格の「DDR3」「DDR4」は、DDR4の方が新しい規格です。

注意しなければいけないのはこの両者の間に互換性がない事です。

DDR3のメモリが搭載されたPCを買った場合、後にメモリを交換する時にDDR4のものは使えません。

DDR4の方が転送速度は速いものが多いし、DDR3は流通量が減ってきた事から価格も上がってきています。

なので今買うならDDR4のものが良いでしょう!

 

とは言うものの、自作しない限り大体のゲーミングPCにはDDR4-2666が搭載されているのであまり心配はいりません。

 

フォートナイトに必要な容量は?

メモリは容量が小さすぎる場合ゲームの動作がカクカクになります。

しかし、ある程度の容量があれば問題なく動き、それ以上増えても特に快適さは変わりません。

机が広すぎても作業がそこまで複雑じゃなければ使いませんよね?

 

ゲーミングPCのメモリ容量は8GB、16GB、32GBが多いです。

8GBあれば、フォートナイトのプレイにおいては問題なく動きます。

16GBあれば、フォートナイトをプレイしながら動画配信・編集なども同時に行えます。

32GBはオーバースペック気味です。特に理由がない限りは16GBで良さそうです。もちろんあるに越したことはないのでそこは予算次第ですね!

(たまに無料でメモリを16→32GBにするというお得感を出すセールスがあります。メモリ以外のスペックが同じならそこで選んでも良いですが、そうでないならメモリ32GBを理由にして選ぶのは辞めておいた方が良いと思います。)

 

まとめ

フォートナイトをプレイする為のゲーミングPCですが、選ぶべきは16GB(以上)だと思います。

8GBでも可ですが、余裕を見ると16GBがオススメになります。

 

メモリの種類は余程大丈夫ですが、念のため転送速度も確認しておきましょう!(DDR4-2666以上のスペックならOK)

 

 

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*