【フォートナイト】シンプルで強い対面技とコツ(編集キルのやり方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
対面技 編集キルのコツ

こんにちわ、わなび~です。

今回紹介する技をマスターすれば憧れの編集キルが決められるようにっ!

 

以前、編集を安定させる方法を紹介しました。

【フォートナイト】編集のコツ、ミスを減らし速くする為の3つの方法

 

この記事では編集のミスを減らし、少しでも編集の速度を上げるやり方についてでしたが、

今回はそこから更にレベルアップして、具体的な編集を使った対面の技を紹介します。

とてもシンプルで簡単ですが、強い技です。

トッププレイヤーのLiaqNさんも動画で紹介していました。

是非使いこなせる様になって、カッコイイ編集キルを決めましょうっ!

 

ゴッドエディットとは?

今から紹介する技はとても有用で強い事から海外ではゴッドエディット(神の編集)と言われているほどです。

大袈裟な名前ではありますが、編集自体はとてもシンプルで右上の三角編集になります。

強い対面技

えっ、これだけ?って感じるかも知れませんが、強い技ほどシンプルなのです(笑)

しかし、ただ右上を三角編集するだけではなく、この技をマスターするにはいくつか気をつけておきたいポイントが存在します。

次の章から詳しく解説していきます。

 

エイムを合わせるコツ

編集の向き

まず気をつけたいのはこの三角編集をする時は上から下へ編集するのではなく、下から上へ編集して下さい。

<上から下はNG>

上から下はNG

 

<下から上はOK>

下から上はOK

 

理由としては、下から上に視点を動かす事により、開けた時に少しでも視点を左側に寄せる事ができます。

エイムを合わせる時は視点を左から右に動かした方が一般的には狙いやすいです。

逆に右から左にエイムを合わせにいこうとすると、自分のキャラの背中で視界が悪く狙いにくくなるからです。

 

撃つタイミング

もう一つエイムのコツとしてジャンプ撃ちをする時はなるべく一番高い位置の時に撃つと安定します。

これはジャンプした直後は上方向へ加速しているので、視点も当然上方向へ移動します。そこを考慮してエイムを合わせるのが難しいからです。

ジャンプした頂点の位置では上下方向のスピードが0になる為、一番合わせやすくなります。

実際にはきっちり頂点ではなくても、ジャンプや着地の直後以外なら視点がブレにくくやりやすいと思います。

ジャンプ撃ちのコツ

更にジャンプ中はエイムだけに集中(右スティックと撃つタイミング)する意識でやると僕は当てやすくなりました。

 

大事なのはキャラコン

立ち位置

編集して開ける前の立ち位置は真ん中かそれよりも左側にいましょう。

右側にいると開けた時に敵から見られやすいし、先程も言ったように右から左はエイムが合わせにくいからです。

立ち位置

 

ジャンプの方向

これは出来ればで良いですが、ジャンプは右から左へ飛ぶようにします。

左に飛ぶ

こうする事で撃った後にすぐに建築に隠れる事ができます。

ジャンプから落下してきたら自然と目の前に壁が来ますので、すぐ閉じる事もできますね。

 

ただ、これは出来ればで良くて、横方向にジャンプするとエイムが狙いにくなるデメリットもあります。(基本的に自分のキャラが動く程狙いづらいですよね?)

難しければ最初は真ん中くらいに立ってその場でジャンプ撃ちすればOKだと思います。

 

カウンターを防ぐ

撃ったら閉じる

撃ったらすぐに壁を編集でリセットして閉じましょう。

閉じないと敵が出てきて撃たれます。

 

建築モードで壁を”握る”

もう一つ大事なのが、編集をリセットした後に建築モードに切り替えて壁を”握る”事です。

“握る”というのは既に壁がある状態において、建築モードで壁を貼る事です。

こうする事で敵がカウンターで撃ってきて壁が壊されてもすぐに自分の壁を再生させる事ができます。

壁を握る

 

編集→ジャンプ撃ち→編集リセット→壁を掴む

ここまでをセットで練習するのがオススメですっ!

 

まとめ

以上、対面で強い技についての紹介でした。

シンプルなテクニックですが、結構気をつけなければいけない点も多いです。

何度も繰り返し練習して完璧にマスターすればスムーズに編集キルができるようになるはずっ!

 

僕もクリエイティブモードで張り替えからこの技を繰り返し練習して指に覚え込ませようと思います。

 

 

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*