【フォートナイトPC移行】MSIの評判とfps毎のおすすめ機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MSIゲーミングノートおすすめ

こんにちわ、わなび~です。

フォートナイトPC移行でMSIのゲーミングノートが気になっている人は是非チェックして下さい。

 

ゲーミングノート人気No.1のMSI!

充実したラインナップによりベストマッチなスペックの高品質なゲーミングノートを見つける事ができます。

 

また、MSIのたくさんある機種の中でも、あなたが要求するパフォーマンスを発揮できるおすすめ機種を提案します。

  • スペックが足りなくて思った通りのパフォーマンスが発揮できなかった。
  • オーバースペックで無駄な出費となってしまった。

この記事ではこういった失敗を防ぐ事ができます。

 

ゲーミングノート界 最強の『MSI』ついて詳しく見ていきましょう。

 

 

MSIとは?

MSIはゲーミングノートの他にもグラフィックカードやマザーボードなど高性能なゲーミング用の製品を扱うメーカーです。

台湾の会社ですが、グローバルに展開していて世界中のゲーマーから支持を得ている人気ブランドになります。

 

MSIの評判・評価

MSIのゲーミングPCをコスパ・品質・サポートの面から見ていきます。

MSIの”コスパ”を評価

ゲーミングノートでフォートナイトをプレイする点で重要になるのは”ディスプレイのリフレッシュレート”です。

リフレッシュレート60HzのPCよりも144HzのPCの方がよりヌルヌルと画面が動くので、エイムが圧倒的にやりやすくなります。

グラボも関係してきますが、いくら良い性能のグラボで高い”fps(フレームレート)”を出す事ができたとしても、ディスプレイのリフレッシュレートが低ければ意味がありません。

 

したがって、ディスプレイのリフレッシュレートに着目して各メーカーのコスパを評価します。

比較対象はデザイン性に優れた「Razer」、コスパが良いと言われる「ドスパラ」、フォートナイト界隈で人気がある「パソコン工房」にしました。

 

【60Hz】

60Hzはフォートナイトやその他のPCゲームを快適にプレイできるレベルです。(PS4と同じレベル)

60Hzゲーミングノート比較

60Hz帯で各メーカー最も安いPCで比べるとMSIが一番安い事が分かります。

他のメーカーに比べてスペックは劣るのですが、60Hzで動作させる分にはMSIのスペックで十分になります。

少し余裕のあるスペックを選択するならドスパラのガレリアも良さそうですね。

 

【144Hz】

144Hzは60Hzのプレイヤーをボコボコにできるレベルです。

144Hzゲーミングノート比較

※MSIのみ120Hz(120Hzと144Hzは大きく変わらないレベル)

144Hz帯で各メーカー最も安いPCを比べるとMSIが一番安い事が分かります。

他のメーカーに比べてスペックは劣るのですが、120Hzで動作させる分にはMSIのスペックで十分になります。

パソコン工房のグラボなんかは完全にオーバースペックだと思います。価格も跳ね上がっていますね。

 

【240Hz】

240Hzはフォートナイトにおける最高値です。

240Hzゲーミングノート比較

※MSIのみ300Hz(フォートナイトでは240fpsまでしか出せないので300Hzも240Hzも変わらない) ※パソコン工房は240Hzは取り扱っていない。

240Hz帯で各メーカー最も安いPCで比べるとMSIが一番安い事が分かります。

ドスパラと比べてスペックは劣るのですが、240Hzで動作させる分にはMSIのスペックで十分になります。

 

 

各リフレッシュレートにおける最安PCはMSIである事が分かりました。

次いでコスパが良いのはドスパラです。ドスパラのゲーミングノートに関しては ↓ の記事で紹介。

【フォートナイト】ドスパラのゲーミングノートfps毎おすすめ機種

 

MSIの”品質”に関する評判

MSIのゲーミングノートは軽量・薄型・高性能と評判が高いです。

特に軽量なのはノートPCにとって重要ですよね。

ゲーミングノートってゴツくて重いのが多いんですが、出張先に持っていくとマジで疲れますから。。

 

MSIの”サポート”の口コミ・感想

コールセンター

メーカーのサポート対応は国内に窓口があり、土日も受けつけています。(電話・メール)

修理の進捗状況もウェブサイトから確認する事ができます。

 

また、MSI公認販売店のパソコンショップArk(老舗のパソコンショップでオンラインストアあり)で購入した場合はArkでのサポートも受ける事ができます。

初期不良がもしもあった場合、Arkに送って再現が取れた段階で新品を送り返してくれます。

初期不良以外の修理対応もメーカー直よりも販売店を挟んだ方がスピードが早い、との噂もあります。(あくまで噂)

なので次章のおすすめ機種の紹介ではパソコンショップArkのリンクを記載しています。

 

MSIのfps毎のおすすめ機種

スペック毎にMSIでのオススメ機種を紹介します。

スペックはフォートナイトでのfps値毎に分けています。(グラフィッククオリティ「低」設定で安定して出せるfps値です。プロゲーマーも「低」設定にしていますよ。)

フォートナイトで”60fps”出せるPC

PS4と同等レベルのプレイ感になります。PS4ユーザーで外出先でもプレイしたいならこのスペックが良いでしょう。

GF63 9SC GF63-9SCX-008JP

GF63 9SC GF63-9SCX-008JP

価格:98,800円(税込) ※価格は変動する可能性があります。

サイズ:15.6インチ

品番:GF63 9SC GF63-9SCX-008JP

このスペックなら60fpsを安定して出す事ができ、いろいろなPCゲームを快適に遊べます。

ストレージもSSDなのでサクサクとソフトが起動してビジネス用と兼用にしても使い勝手が良いと思います。

フォートナイトで”144fps”出せるPC

PS4やスイッチから移行すると劇的に変わるレベルの144fpsが出せるPCを紹介。

GF63 Thin GF63-10SCSR-007JP

GF63 Thin GF63-10SCSR-007JP

価格:137,800円(税込) ※価格は変動する可能性があります。

サイズ:15.6インチ

品番:GF63 Thin GF63-10SCSR-007JP

グラボがGTX 1650Ti なのでフォートナイトで安定して144fpsを出す事ができます。(ディスプレイが120Hzなので120fpsまで出せればOKですが。)

CPUのCore i7も強力であり、メモリも16GBなので複数ソフト同時に立ち上がっていても安定して動作します。

SSDも512GBもあり複数のゲームやクリップなどを保存可能です。

 

フォートナイトで”240fps”出せるPC

フォートナイトのMAX値である240fps出せるPCを紹介。

GS66 Stealth GS66-10SFS-022JP

GS66 Stealth GS66-10SFS-022JP

価格:316,800円(税込) ※価格は変動する可能性があります。

サイズ:15.6インチ

品番:GS66 Stealth GS66-10SFS-022JP

RTX 2070Spなら240fps安定して出す事ができます。(ディスプレイは300Hzですが、フォートナイトの設定上240fpsが限界)

また、CPUのCore i9は現状で最高クラス、負荷が掛かるシーンでも重たくならずに動作してくれます。

SSDが1,000GBあるので動画などもたくさん保存する事ができます。

このスペックなら動画編集とかもサクサクこなせるでしょう!

 

このモデルはデザインも洗練されていてカッコ良いです。高いですが (´;ω;`)

 

 

まとめ

以上、軽量薄型で高性能なゲーミングノートを扱っているMSIについて紹介しました。

フォートナイトの各fps帯において、なるべく価格を抑えてゲーミングノートを手に入れたいならオススメのメーカーです。

 

 

もし分からない事があればこの記事のコメント欄やtwitterのDMで気軽に聞いてください!

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*