【フォートナイト】憩いの焚き火の回復量など使い方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フォートナイト 憩いの焚き火

こんにちわ、わなび~です。

焚き火は便利なのでよく使うと思いますが、その回復量とかちゃんと把握していますか?

多分あんま気にしないで使っていたりしますよね。

焚き火使う前に包帯巻いておけばよかった!とかなった経験があると思います。

今回は焚き火の効果の詳細と使う上での注意点をまとめました。

ぜひ参考にして下さい。

また、野生の焚き火の位置については別の記事でまとめていますので、そちらも参考にしてみて下さい。

【フォートナイト】焚き火の場所一覧(シーズン10最新マップ)

 

焚き火の効果

回復量

体力をMAX50回復します。シールドは増えません。

回復スピード

1秒で2回復します。MAX50回復するには25秒待つ必要があります。

効果範囲

焚き火を置いた床の上(1マス分)なら回復します。そこからはみ出ると回復しません。

上方向でも1マス分が範囲です。階段で遮っても回復しますが、階段+床を置くと1マス以上離れる為、回復できません。

また、焚き火を並べて2個置く場合はその床と床の境界に立たなければ2つ分の回復効果を得ることができません。

焚き火2個の回復範囲

2つ使う場合は床と床の境界(赤枠辺り)の上に立つ。

 

焚き火のメリット

・トラップピース枠の為、何個でも持てる上にアイテムスロットを消費しません。

・自分以外に味方も一緒に回復できます。例えば安地移動に遅れてしまってパーティメンバー全員の体力が削られたら焚き火を使った方が良いでしょう。

・2個並べて使うことができます。1秒で4回復します。急いで回復した時や50以上ダメージを受けている時は2個使った方が良いでしょう。

 

焚き火を使う上での注意点

設置するには床が必要

焚き火を置くには床が必要にあります。すでに床が建築されていればその上に置けます。

床が無いところに設置しようとすると床とセットで置くことになります。

但し、資材が0だと設置できません。最低限10は必要になります。ちなみに材質は通常の建築と同じ様に指定できます。

また、設置する床に障害物ある場合は設置できません。斜めの地形とかでも設置できないケースが多いので建築で1段上げるなどしましょう。

焚き火を平地に設置できる

平坦な場所には設置できる。

 

焚き火を坂には設置できない

坂なので設置できない。

 

焚き火を障害物のある場所には設置できない

障害物が存在すると設置できない。

 

敵に位置がバレる

焚き火を使うと煙が上がる為、敵に位置がもろにバレます。

敵から狙われやすい

上記の様に敵に位置がバレやすい為、必ず周りを建築で囲っておきましょう。

資材に余裕が無い場合や、まあ周りに誰もいないだろうという時は、焚き火を屋根1枚で囲って、その中にしゃがみで入ることができます。

屋根1枚で焚き火を囲う

 

敵に壊されない様に

焚き火は設置した床を壊せば壊れてしまいます。

例えば建築バトルになった後、割と高い位置に焚き火を設置してしまった場合、敵に床を狙われる事があります。なるべく床が露出しない様にしておきましょう。

 

以上、焚き火の効果の詳細や使う上での注意点をまとめました。参考になったでしょうか?

 

 

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*