【フォートナイト】エイム・感度を合わせるやり方・練習(PSA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PSAエイム理論

こんにちわ、わなび~です。

PSAって知ってる?敵に吸い付く様なエイム力を身につけるまさかの方法!?

 

フォートナイトは建築要素がありますが、それでもやはりエイムが一番重要と言って良いと思います。

建築でいくら有利なポジション取っても当てれなきゃ悲しいですからね(´;ω;`)

【フォートナイト】何から優先的に練習すれば良いのか?結論はエイム

 

皆さんはエイムの練習ってどうやっていますか?

  • ひたすらバトロワ!
  • クリエイティブでボックスファイトや建築バトル!
  • エイム練習用のコースを使っている!

 

多分どれかに当てはまるor全部やっているのではないでしょうか?

しかし、今回紹介するエイム練習方法はちょっと変わっていてどれにも当てはまっていないです。

 

まだあまりこの方法を継続して練習した人は少ないと思います。

僕も初めて知った時(最近ですが)、驚きました。

「あ、なるほどそんなやり方もあるんや!確かに良くなるかも?」

 

新しいエイム練習方法、興味がある方は是非チェックしてみて下さいっ!

 

PSAというエイム・感度の合わせ方

PSAとは?エイム理論

このやり方はPSA(Perfect Sensitivity Approximation)と言います。直訳すると「完璧な感度の近似」です。

つまりはエイムの適切な感度の見つけ方、練習方法になります。

 

元々はCSGO(カウンターストライク:グローバルオフェンシブ)というFPSのゲームで生み出されたエイム理論になります。

海外で流行ったみたいですが、国内、特にフォートナイト界隈ではまだ無名のやり方になります。

 

PSAのやり方

PSA

超地味な絵面だと思いますが、これがPSAをやっている様子です。

自分のキャラクターを左右前後に動かしながらエイムをターゲットのヘッドに合わせ続けます。

これだけ(笑)

意外と難しいですけどね。上手い人はビタビタにヘッドに合ったままみたいです。まるでレティクルがくっついている様に。

 

どのFPS、TPSでもそうですが、自分が止まった状態でターゲットを撃つ練習モードが多いのではないかと思います。

しかし、実戦では自分も動きながら撃つ事の方が多いですよね?

自分が動きながらでもエイムを合わせ続けられる為の練習方法としてPSAは開発されました。

 

この方法であまりに合わない様なら感度を見直しましょう。

 

フォートナイトの練習に応用(Aim上達法)

このやり方をフォートナイトの練習に応用します。

フォートナイトでは建築をしながらショットガンを撃つ事が多い為、

ADS(照準ボタンを押した状態)だけでなく、腰撃ちやジャンプ撃ちの機会が多いです。

その状態でもエイムを合わせる事ができる様にレベルを難易度毎にレベル分けしました。

 

レベル.1 ADS状態

これは先の章で紹介した通りです。照準状態でヘッドに狙いを合わせつつ前後左右に動きます。

 

レベル.2 腰撃ち状態

照準ボタンを押していない状態でレティクルの中心をヘッドに合わせつつ、前後左右に動きます。

腰撃ち

 

レベル.3 その場ジャンプ

ヘッドにレティクルの中心を合わせた状態でその場でジャンプします。ジャンプ中もヘッドになるべく合わせ続けます。

その場ジャンプ

やってて着地の瞬間が一番エイムがブレやすいなと気付きました。ちょっと上を向いてしまう。

着地の瞬間は落下速度が急に0になるから、慣性でどうしてもそうなってしまうのでしょう。

  • 着地時ブレやすい事からジャンプ撃ちする時は一番高い位置の時に撃った方が安定しそう。
  • スティックのニュートラルポジションの感覚を意識した方がブレにくくなりそう。

こんな事に気付けました。

 

レベル.4 動きながらジャンプ撃ち

ヘッドにレティクルの中心を合わせた状態で前後左右にジャンプします。ジャンプ中もヘッドになるべく合わせ続けます。

横飛びジャンプ

この辺から難しくなりますが、実戦で一番使いますよね。ジャンプ撃ち苦手な人は一度やってみて欲しいです。

さっきよりもブレが大きく、ジャンプした瞬間もヘッドから外れています。。

ジャンプした瞬間と着地の瞬間は速度変化が大きい為、難易度が上がる。ジャンプ中に安定した姿勢になるコンマ何秒間が一番当てやすいチャンスである。

 

レベル.5 ターゲットも動かす

これまでのレベル1〜5を動くターゲットで行います。

動くターゲット

これは自分でもひく程合わなかった。。

これがビタビタ吸い付く様に合わせられれば鬼エイムになるのでは?(´・ω・`)

 

まとめ

以上、PSAというエイム理論の紹介でした。

 

やってみて、感度合わせには最適だなと思いました。

感度を変えた時に慣れさせるにはすごく効果ありそう!

 

また、ターゲットを撃つ練習では当たったか当たっていないかについ意識がいってしまいます。

その点、この練習方法ならレティクルが合っているかどうかを常に見ている為、どういうタイミングでレティクルが外れやすいかといった気づきが得られました。

 

エイム力向上としての効果はまだ分かりませんが、暫く続けてみます。

とても地味な練習なのでひたすらやるのは人によっては難しいですね(笑)

バトロワに入る前の10分間とか時間を決めてやってみようと思います。

 

 

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*