【フォートナイトPC移行】フロンティア評判とfps毎おすすめ機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フロンティア

こんにちわ、わなび~です。

フォートナイトPC移行でフロンティアのゲーミングPCが気になっている人は是非チェックして下さい。

 

ゲーミングPCのBTOメーカーであるフロンティア!

セールで安くゲーミングPCを手に入れたいなら必ず見ておくべきメーカーになります。

お得な価格で高スペックなゲーミングPCを手に入れましょう!

 

また、フロンティアの中でもあなたが要求するパフォーマンスを発揮できる機種を提案します。

  • スペックが足りなくて思った通りのパフォーマンスが発揮できなかった。
  • オーバースペックで無駄な出費となってしまった。

この記事ではこういった失敗を防ぐ事ができます。

 

セールでとてもお値打ちになるメーカー「フロンティア」について詳しく見ていきましょう。

 

フロンティア(FRONTIER)とは?

フロンティアはPCのBTOメーカー大手になります。(BTOは注文したパーツでPCを組み上げて送ってくれるサービスです。ゲーミングPCは自作しないなら基本的にBTOで購入します。)

かなり早い段階からBTOを行っており、実績のあるメーカーです。老舗ゆえに組み立てのノウハウが溜まっていて、配線周りなどとても綺麗と評判です。

今はヤマダ電機の子会社になっていますね。大手販売会社が数あるゲーミングPCのメーカーの中からフロンティアを選んだ、これも安心できるポイントではないでしょうか。

 

そして、このメーカーの特徴はなんといってもセールでの値引きです(笑)

セール時に他のメーカーよりも価格を落とすので、欲しいスペックの機種がセールに掛かっていないかチェックしてみましょう!

FRONTIERセール情報

 

フロンティア(FRONTIER)の評判・評価

フロンティアってセールで価格を落とすけどホントに大丈夫なの?価格と品質の面から評価していきます。

フロンティアのコスパを評価

以前、各BTOメーカーのほぼ同スパックPCで価格を比較した事があります。

BTOメーカーのコスパ比較

価格のところを見てみるとフロンティアより安いメーカーはありませんでした。

ちなみにこれ調べた時は年始だったのでセールが各社掛かっている状態です。その中でもフロンティアの価格はやはり群を抜いて安いですね。

セール時以外もまあ安い方なんですけど、通常時でのコスパはBTO最大手のドスパラの方が良いかな。

【フォートナイトPC移行】ドスパラの評判とfps毎のおすすめ機種

 

フロンティアの品質を評価

【パーツ】

パーツ

特に重要なパーツ(CPU、グラボ、マザーボード)は信頼のできる有名メーカーのものを採用しています。

逆に比較的重要じゃない(というか技術力がそこまで必要ない)パーツ(メモリ、電源など)については、マイナーメーカーを採用して価格を下げています。

マイナーメーカー製といっても粗悪品ではなく、当然ながら規格を満足しているものであり、長年の実績もあるので安心して良いでしょう。

 

【ケース】

フロンティアGA

PCケースはフロンティアのオリジナルです。4種類ありますが、GAシリーズというミドルタワーのもので良いと思います。上の画像のやつ。これがよくセールに掛かっていてお得です。

 

ケースで重要なのはエアフロー(空気を循環させて排熱させる)ですが、

フロンティアのケースはファンが2つ付いており、排熱性能が高いと言えます。(他のメーカーは1つのところも多い)

パーツに熱が溜まってしまうと早期故障の原因となるので、耐久面で安心できる要素になります。

 

フロンティアのサポートの口コミ・感想

コールセンター

サポート対応については他のメーカーがボロクソに書かれているのに対し(笑)、フロンティアは比較的に良い評価が多いです。丁寧に対応してもらえそう。

ただ、もし修理が発生した場合は山口県にある工場での対応になる為、時間は掛かるでしょうね。

 

フロンティア(FRONTIER)fps毎のおすすめ機種

スペック毎にフロンティアでのオススメ機種を紹介します。

スペックはフォートナイトでのfps値毎に分けています。(グラフィッククオリティ「低」設定で安定して出せるfps値です。プロゲーマーも「低」設定にしていますよ。)

フォートナイトで144fps出せるPC

PS4やスイッチから移行すると劇的に変わるレベルの144fpsが出せるPCを紹介。

 

【なるべく安く購入したいなら】

FRGAB450F/M6/NTK

FRGAB450F:M6:NTK

グラボがGTX1660 Spならフォートナイトで144fpsを出す事ができます。

CPUはAMDのRyzen 5です。PC初心者の人はIntelの「Core i~」の方が馴染みがあるかもしれません。

Ryzen 5はスペック的にはCore i5 < Ryzen 5 < Core i7 の位置です。

Core i5よりもスペックが上なのですが、価格はRyzen 5の方が安いです。

AMD製のCPUはIntel製よりもコスパが良いので価格を抑えたいならAMD製にしましょう。

AMDのCPUは年々人気が高まっており、最近ではIntelを超える勢いです。PS4のCPUもAMD製が採用されている事からも品質の信頼性もバッチリです。

 

【録画や動画配信も同時に行うなら】

フォートナイトで144fpsを維持しながらプレイ画面の録画・動画配信のソフトも同時に起動するなら、もう1段階スペックを上げて余裕を持たせた方が良いです。

FRGAH370F/M8/NTK

FRGAH370F:M8:NTK

CPUのCore i7はRyzen 5以上のスペックになり、先ほど紹介したモデルのワンランク上になっています。

これで録画・配信ソフトを起動しつつ、144fpsを安定して出す事ができます。

 

フォートナイトで240fps出せるPC

フォートナイトのMAX値である240fps出せるPCを紹介。

 

【録画や動画配信も同時に行えるスペック】

フォートナイトで240fps出して、更に録画や動画配信も同時に行う事ができるスペックです。

FRGAB450F/M5/NTK

FRGAB450F:M5:NTK

RTX2070spなら240fps出しつつ、録画・配信ソフトも同時起動させておけます。

CPUはAMDのRyzen 7でCore i9以上のスペックですが、価格はRyzen 7の方が安いです。

PC初心者の人はIntelの「Core i~」の方が馴染みがあるかもしれませんが、AMD製のCPUはIntelよりもコスパが良いので価格を抑えたいならAMD製にしましょう。

AMDのCPUは人気が年々高まっており、最近ではIntelを超える勢いです。PS4のCPUもAMD製が採用されている事からも品質の信頼性もバッチリです。

 

フロンティアのハイエンドPC

【プロゲーマーレベルのスペック】

競技シーンで活躍したいなら現状のゲーミングPCで最強のグラボ「RTX2080Ti」が本当は良いです。

残念ながらフロンティアではRTX2080Ti搭載のPCは現在取り扱っていませんでした。

ワンランク下のRTX2080Spなら存在します。

FRGAH370F/M4/NTK

FRGAH370F:M4:NTK

正直スペックに対しての価格で見れば、かなりお得です。

が、ハイエンドを追い求めているならここは価格で妥協しない方が良いかもしれませんね σ(^_^;)

 

まとめ

以上、セール時に超お得なフロンティアについて解説しました。

口コミ・評判を見ていても、とにかく安く買えて満足度が高いという意見が多いです。

フォートナイトで高fpsを出せるゲーミングPCを最安で手に入れるなら、フロンティアのセールは必ずチェックしましょう!

 

 

もし分からない事があればこの記事のコメント欄やtwitterのDMで気軽に聞いてください!

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*