auひかりの評判・レビューまとめ(速度・乗り換えの違約金は?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
auひかりの評判

こんにちは、わなび〜です。

フォートナイト等のオンラインゲームをやっていればなるべく早い回線が欲しくなりますよね!

この記事ではauひかりについてのリアルな評判を調査していきます。

 

ぶっちゃけ最速の回線が欲しければ、NURO光が現状ではトップです。

NURO光の評判・レビューまとめ(速度・工事・サポート)

 

但し、住所によってはNURO光が導入する事が出来なかったり、NURO光は今とても人気なので開通までに数ヶ月待つ必要があります。

待てないっていう人もいますよね?

そんな人はNURO光に次いで速いauひかりがオススメです!

 

回線を変更しようと思っている人は参考にしてくださいっ!

 

速度

au光にした人は実際に速くなったのか?

以前、こちらの記事みんなのネット回線速度というサイトのデータを元に各回線での平均速度を比較しました。

NURO光がNo.1ですが、2位はeo光、3位はauひかりになります。

eo光は関西エリア限定です。

NURO光・eo光が契約出来ない人はauひかりを検討すべきだと思います。

 

では他のフレッツ系などの光回線から変更した時、その速さの恩恵は感じられるのでしょうか?

実際にauひかりに変更した人の意見をtwitterで調査してみます。

 

フレッツ光よりもauひかりの方が速くなっています。

 

いやいくら何でもこんなには変わらんと思ってたけど、、時間帯とかによってはありえるのかな?

100倍になったとかいうツイートが結構な数見られたので、劇的に速くなるケースもありえるみたいです。

 

auひかりが何故 速いかっていうと、独自回線だからユーザー数が少ないのです。

フレッツ光系(フレッツ光ネクスト、ソフトバンク光、ドコモ光などなど)はどれも同じ回線を使っている為、ユーザーが多くなり混雑しやすいです。

だからauひかりの方が速くなるのですが、例えば住んでいるマンションとかエリア内にたまたまauひかりのユーザーが多ければ速度は落ちます。

こればっかりは”ガチャ”ですね。。100倍とかめちゃくちゃ速くなる可能性もあるし、元からフレッツ系で十分速度が出ていればそんな変わらないかもしれません。

今フレッツ系やその他の回線を契約していて「遅いなぁ」と感じるならauひかりに変えてみる事をオススメします!

 

twitter で「フレッツ光 auひかり 速度」で調べてみるとauひかりにして速度が上がったという意見の方が多い事が分かります。(現時点では)

 

乗り換え方法

乗り換えは下記リンクからWeb申込みがお得です。

auひかりバナー

キャンペーンをモリモリやっています。

「他社回線からのお乗換えで【最大115,000円】還元中!」
①スタートサポート
他社回線違約金を最大30,000円まで還元!
②スタートサポート上乗せキャッシュバック
∟他社回線違約金に上乗せで最大25,000円上乗せキャッシュバック!
(ホーム:25,000円、マンション:15,000円)

③Web限定キャッシュバック(auひかり電話をオプションで付ければ35,000円キャッシュバック)

特に①の他社からの乗り換えだと違約金をキャッシュバックで負担してくれますのでどのタイミングでも乗り換えOKです!

③は↑のリンクから飛んでauひかりのオプション(月額500円)を付ければ35,000円もらえるので、電話使わなくても付けた方がお得です。

 

他にも指定プロバイダ(BIGLOBE)なら25,000円キャッシュバックもある様です。

 

ちょっと異常なくらいのばらまきですねw(ユーザーとしてはありがたいですが笑)

うまくコンボ決めれば最大115,000円分のキャッシュバックを受け取れますので、2年くらい無料で使える事に!?笑

 

まとめ

まとめると、

  • NURO光が一番速いけど、エリア外や急ぎで開通したい人はau光がオススメ!
  • フレッツ光系に比べて速度が速くなる可能性が高い(但し周辺エリアのユーザー数による。)
  • キャッシュバックキャンペーンが充実しており、料金はかなりお得。他社からの乗り換えによる違約金は全てキャッシュバックされるのでいつでも乗り換えOK!

こんな感じですね!

今の回線環境に不満がある人は一度変更を検討してみて下さい。

 

 

by わなび〜  twitterID: 774Wnabe

twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*